So-net無料ブログ作成
広告スペース

東野圭吾 白夜行

東野圭吾 白夜行

★★★★★オススメ度総合
★★☆☆☆感動度
★★★★★ハマリ度
★★★★★面白い度

実に、850頁ほどあるこの白夜行。
あかん、あかん、これは分厚すぎる。
しかも重い。
そして高い。(1,050円也)
読破するには1週間はかかるな~、と思った。
・・・が、我ながら驚きの4日で完読。

それくらい引き込まれた、と言うより引きずり込まれた。

【送料無料】白夜行

【送料無料】白夜行
価格:1,050円(税込、送料別)



章が変わるたびに、あんた誰やねん?! というような、突然登場する初めましてな人物がやたら多い。
まあ、ドストエフスキー文学よりは格段マシか。
なんちゃらかんちゃらウィチとか、なんとかかんとかヴナとか、殺人的に噛みそうな名前はないのでナントカなる。
逆に、この登場人物たちが主人公の雪穂と亮司にどう関わってくるのか、すべてが謎めいて読書スピードは一気に加速するのだ。

雪穂は、それだけべっぴんさんやったら、そら男もころっと騙されるやろ~、と突っ込んでしまいたくなるような美貌の持ち主。
すなわち雪穂と友達になった暁には、200%私が引き立て役に徹してしまうということだ。
しかも少女の頃から美貌を自覚し、男がどうすればなびくか計算ずくなところも、こんにゃろー!モノだ。

彼女が美貌を利用して、女を武器に罠を仕掛けるやり方は相当汚い。
年端もいかん女の子をてなずけるためにも、手段を選ばない。
と言うより、女にとって一番屈辱的なワナを知ってて仕掛ける。
それはないやろー!って思わず叫びそうになったのは、きっと私以外に3人はいたと思う。

ただ、幼い頃に魔物たちの餌食になった雪穂の気持ちを思うと、同情すべき点がないわけではない。
これは雪穂にとって、人生をかけた復讐なのかもしれない。
そういう意味では、美貌に恵まれてよかった。
これがブサイクなら、一生泣き寝入り。
美人はいつも、いつでも9割増しで得だ。

しかし、ひとつの殺人事件をきっかけに、ふたりの少年少女の人生がここまで膨らむのか!というくらい筋書きは圧巻だ。
伏線に次ぐ伏線で一見関係なさそうな話しが、最後にはピタッとツジツマがあってくる。(当然だけど)
そして、思いもかけないラストが待っている。

雪穂にしても亮司にしても、最初から最後まで心の奥深くの内面は表現されない。
まるで仮面をつけているかのように、無表情でしかも冷徹。
だから雪穂と亮司が愛情でつながっていたのか、それともただの不幸つながりなのか、単に亮司は雪穂の捨て駒だったのか、その辺は想像の域を出ない。

何やコレ!!気色ワル!
というようなねっとりした重苦しい感情に、読後はもれなく支配される。
ふたりが一体何を考えているのかわからないのに、深い深い哀しみと孤独感だけがじんじん伝わってくるのが、まさに東野マジック。

とても不思議だ。

Amazon>>>白夜行 (集英社文庫)
Yahoo!>>>白夜行


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
Copyright © ほんまもんの本 All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます