So-net無料ブログ作成
広告スペース

柳広司 ジョーカー・ゲーム

柳広司 ジョーカー・ゲーム
★★★☆☆オススメ度総合
★☆☆☆☆感動度
★★★★☆ハマリ度
★★★★☆面白い度

こんな優秀すぎる人間おらんやろ?と思いながらも、
スパイの心構えが命懸けすぎてぞくぞくするくらい素敵だ。
日本のスパイものってちょっとナメてたところあったし、
もしかしたら女子受けはあんまりよくないのかもしれないのだけど、
読み始めてすぐに、うかつにも惹きこまれてしまった。
だって、敵に捕まって自白剤打たれても自白しない訓練してるんだから。
どんだけすごいねん!て話しだ。

亀梨クンが主演の映画が公開されるとあって読んでみたところ、
ストーリーが、映画と全然違うやん!ってことなんだけど、
よくよく読んでみるととこどころ重要ポイントはちゃっかり映画に使ってるみたいで、
映画は映画でド派手なアクションが映し出されるみたいだからそれはそれで面白そうなんだけど、こちらはこちらで静かーに面白い。

何がいいって、結城中佐。
この本は短編になってて、それぞれ違う諜報員がそれぞれに課せられた任務を遂行している模様が描かれてたりするんだけど、
一貫して常に登場してくるのが結城中佐なのだ。

というのも、このスパイ活動の組織であるD機関というものを作った張本人が結城中佐なのだ。
最初は冷徹な印象だった結城中佐が、
この本の一番最後に見せたほんの少しのあたたかい血の通った姿を読んだ瞬間に、
やられた!
男前すぎる・・。




5編に分かれたストーリーは・・・。
「ジョーカー・ゲーム」
日本の陸軍の暗号表をを盗んだスパイ容疑のかかったアメリカ人宅から暗号表を取り返す話し。
「幽霊 ゴースト」
テーラーの店員になりすましたスパイが英国総領事の爆弾テロ疑惑を調査する話し。
「ロビンソン」
ロンドンに潜入したスパイが敵国の諜報機関に捕えられ脱出するまでの話し。
「魔都」
上海に派遣された憲兵が知らない間にスパイに誘導されて赴任中の憲兵大尉の悪行を暴く話し。
「XX ダブル・クロス」
二重スパイ疑惑のドイツ人を内定中に死なせてしまった失態の責任を取るスパイの話し。

ってことで、それぞれのストーリーには関連性はほぼなく、
007的な手に汗握るアクション全開でもなくって、
ここに出てくるスパイは偽名を与えられ完全に自分の存在を消して秘かに活動するのだ。
そして、司令塔の結城中佐のモットーは、「死ぬな、殺すな」。
人の死は目立つから、絶対に死なない。そして、誰も殺さない。
ということをたたきこまれる。

以前美人過ぎるスパイっていうのがテレビで話題になってたけど、
もう美人っていうだけで目立ってしゃーないがな、
ってことで間違いなくD機関には採用されないだろうけど、
その点私なら・・・って話しはおいといて、
それ以前に資質的に無理だし、
それ以前に女はすぐに人を殺すから採用しないんだそうだ。
そりゃよかった。

そんな結城中佐は、かつては優秀なスパイだったのだけど、
味方の裏切りにより敵に捕まって拷問を受けたにもかかわらず、
しっかりと機密情報は持ち帰ったという一目置かれる人物なのだ。
だから、D機関の訓練生には魔王として恐れられている存在でもあるのだ。
ちょこちょこ登場する場面でも、実際随所にキレモノのニオイがぷんぷんする。

特に、最後の「XX」では、
ひとつのことに「とらわれ過ぎた」D機関の訓練生が、
そのために冷静な判断が出来ず標的の人物を死なせてしまうのだ。
スパイとしては失格だ。
だけど、一旦D機関の機密事項を知ってしまった以上、
普通の生活に戻ることはできない。
辞令が出た先は、いつ死んでもおかしくない戦場の最前線だった。

そんな格下の訓練生に、
魔王が初めて本名で名を呼び、「死ぬなよ」と声をかけ敬礼するのだ。
うー、泣かせる。

Amazon>>>ジョーカー・ゲーム (角川文庫)


nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
Copyright © ほんまもんの本 All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます