So-net無料ブログ作成
広告スペース

西加奈子 きいろいゾウ

西加奈子 きいろいゾウ
★★☆☆☆オススメ度総合
★★☆☆☆感動度
★★★☆☆ハマリ度
★★★☆☆面白い度


前半は、とんでもなくふわふわしたたスローライフの中でのやり取りが続く。
この空気感はものすごくいい。
若い夫婦なのに、まるで50年くらい連れ添った夫婦の隠居生活を思わせる。

けど、夫婦ともに平たく言うところのヘンコ(変わり者)なので、そのやりとりや行動が非常に楽しい。
というか、老夫婦なのか小学生なのかわからん不思議ちゃん夫婦だ。

向井理と宮崎あおいで映画化されるようだけど、宮崎あおいはかなりはまってる。
でも、向井理はちょっと違うようだ。
本の中では、イケメンからは程遠い設定なのに。



旦那はムコさん、嫁はツマさん。
どちらも本名らしい。
そのあたりから、夫婦のヘンコぶりがうかがえる。
最初は、ほんとに田舎暮らしを満喫している感じで多少羨ましい生活だった。

ツマは幼い頃から病弱で、きいろいゾウはツマの幼少時代にたびたび登場する。
そのせいか、ツマは人間以外のものの声も聞こえてしまうという、何とも羨ましい特異体質の持ち主なのだ。
特に、犬のカンユさんには笑った。

だから前半は、スローライフ万歳!人生の楽園!みたいな穏やかな内容なのだけど、くすくす笑える部分もかなりある。
この、のんびりがずっと続くのかと思ったら、後半で一気に話が展開し夫婦の危機が訪れるのだ。

特に、ほどほどな容姿のムコさんに、あんな情熱的な過去があったなんてかなりびっくりだった。
背中の入れ墨の秘密も・・・。
でも、ツマのために勇気をもって過去に立ち向かったムコさんはちょっとかっこいいとも感じた。

ツマの方は、後半はさらに行動がしっちゃかめっちゃかで、大丈夫?という感じだ。
でも、そんな危機を乗り越えた夫婦愛を最後には美しくも感じる。

そして、物語の最後に大きいフォントで書かれた一行は、結構重い。

Amazon>>>きいろいゾウ (小学館文庫)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
Copyright © ほんまもんの本 All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます