So-net無料ブログ作成
広告スペース

東野圭吾 さまよう刃

東野圭吾 さまよう刃
★★★★☆オススメ度総合
★★★☆感動度
★★★☆☆ハマリ度
★★★☆☆面白い度

あかん、やりきれん。
スラスラ読み進められる読みやすさにかけては、東野氏の作品はどれも逸品やねんけど、一番イヤな題材やし。
後味悪い。

少年法って何やろ。
そら、いろんなケースがあるしちゃんと更生してる人もいっぱいいると思うけど、ケースバイケースで何とか重い罪にならんのか。
少なくとも、少年法に守られてるって自覚しながら犯罪を犯す未成年に、少年法を適用するってことがほんまアホくさい。
被害者も被害者遺族も、捕まえた刑事さえも誰も納得せえへん少年法ってなに?

強姦した相手が死んでくれれば警察に訴えられなくて済む、なんてふざけた考えのカイジとアツヤには絶対少年法なんか適用してほしくない。
強姦致死が適用されないのであれば、せめて、パイプカットの刑に処したい。
まあ、アツヤは死後パイプカット刑に処されたけど。
生きてる間に麻酔ナシでやってもまだ足らん。

普通に生きてただけなのに、こんなヤツらに目をつけられたせいで人生を終わらされた被害者と遺族の気持ちを思うとほんまにやりきれん。

【送料無料】さまよう刃 [ 東野圭吾 ]

【送料無料】さまよう刃 [ 東野圭吾 ]
価格:740円(税込、送料別)



高校生の絵摩は花火を見に行った帰りに、カイジとアツヤという少年に拉致され乱暴された上クスリのせいで死に至った。
おまけに乱暴の模様をご丁寧にビデオにまでおさめ、死んだとわかると使えなくなったおもちゃみたいに川に捨てられたのだ。

しかし自分たちは少年法に守られている。
少年法という堅固な盾をふりかざして、少年たちの極悪な犯罪は続く。

しかし、娘が辱めを受けた上殺された父親の心境の前では、少年法で守られる犯人が逮捕されてもなんの意味もない。
父・長峰の復讐がここから始まるのだ。

長峰の復讐心をかきたてたのは、犯人の居場所を教える謎の密告。
アツヤを殺し、逃げるカイジを追う。

追う長峰は人生をかけてるのに、逃げるカイジはこれもゲームかなにかの一環としか考えていないのが、ほんまにむちゃくちゃ腹立つ。
もうちょっと遊んだら自首でもしよっかな~、みたいな。
バカにしてる。
だから、長峰に殺させてやりたい、と思ってしまう。
こんなヤツのために人生を棒に振るなんてバカバカしいと思う反面、何とか殺させてやりたいと強く願った。
長峰をかくまった和佳子も、同じようにに悩みぬいたのだ。

それなのに、長峰の最期は言葉にならないくらい悔しかった。
なんも殺さんでも他に方法あったんちゃうの?・・・と。
もしかしてこれでもう苦しむことがないのかもしれないが、長峰の悔いはこの世にずっと残り続ける気がする。


長峰の心理描写は、心に突き刺さるくらい素晴らしく繊細に書けてた。
それはまるで長峰が私自身に憑依したかのような、怒りや哀しみというやりきれない気持ちを手づかみで感じさせるぐらいだった。

Amazon>>>さまよう刃 (角川文庫)
Yahoo!>>>さまよう刃


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
Copyright © ほんまもんの本 All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます