So-net無料ブログ作成
広告スペース

東野圭吾 怪しい人びと

東野圭吾 怪しい人びと
★★☆☆☆オススメ度総合
★★☆☆☆感動度
★★☆☆☆ハマリ度
★★★☆☆面白い度

「結婚報告」を除いては、コレ全部主人公が僕とか俺とかの一人称で、名前が出てこない。
なるほど、こういうのってなかなか怪しさが増す感じだ。

ストーリー的にはバツグン!というほどではないが、最後には、はぁっ??って感じになるのが多い。
え~!もしかして主人公の単なる勘違いなん?!って。
勘違いしたままずっと思いつめてたのなら、お気の毒としか言いようがない。

【送料無料】怪しい人びと

【送料無料】怪しい人びと
価格:500円(税込、送料別)



①「寝ていた女」
自分の部屋を同僚にラブホ替わりに貸してたら、ある日知らない女がベッドに寝ていて居すわられた。こいつ、誰やねん。
②「もう一度コールしてくれ」
警察に追われ逃げこんだ家は、かつて高校野球でアウトのコールを出した審判の家だった。俺はこいつのせいで人生を狂わされた・・と思ってた。
③「死んだら働けない」
働き者の係長が頭を殴られ密室で死んだ。仕事熱心で誰からも慕われていた・・・と思っていた。
④「甘いはずなのに」
甘いはずの新婚旅行で、妻に復讐する計画だった。なぜなら、前妻との間の娘を殺されたのだから・・・と思っていた。
⑤「灯台にて」
旅の途中に宿を提供してくれた灯台守の男は、実は僕のカラダ目当てだった。逃げ帰った僕は、いつも上から目線の友人にコレを利用したのだが。
⑥「結婚報告」
最後の独身女友達から写真入りで結婚報告の手紙が届いた。しかし、そこに写っていたのは、コレ誰?もしかして整形した?
⑦「コスタリカの雨は冷たい」
野鳥観察にコスタリカまで行った夫婦が、突然強盗に襲われ身ぐるみはがされる。治安のよいはずの現地で、襲った犯人とは。


特に好きなのは、あんまり感情を出さずにしれ~っと復讐しちゃった感じの「灯台にて」。

自信過剰な友人の引き立て役に徹していた主人公は、悔しい思いをしながらいつもぐっとこらえてた。
もっと、僕、しっかりせな・・・と思って一人旅を決行。

ところがその旅の出来事を、ちょっとしたいたずら心でアレンジして友人に話してみた。
すると、そのことがきっかけで、友人が殺人事件の犯人になってしまったというものだ。

殺したのは友人だと知っていながら言わない主人公。
でも僕知ってるよ~とほのめかし、友人に対して無言のプレッシャーを与える。

性格的には、あんたやらしいな~と言いたいところだけど、ちょっと笑えてしまった。


もうひとつは、勘違い系の「甘いはずなのに」。

再婚した主人公が、甘いはずの新婚旅行で妻の首を締めて殺そうとした。
この妻には、前妻との間の娘を殺されたのだ。

殺されたのだ、たぶん・・・。
ところが、もう一度よく考え直してみると、え?!もしかして僕の過失が原因で娘が死んだん?!という勘違いが判明。

幸いにも後妻は死に至らず。
ただ、こんな勘違い男とこれから幸せな新婚生活が営めるのか、人ごとながらちょっと心配。



短編ミステリーというのは、盛り上がりをつけるのがとても難しそうだ。
最後にドスンと一気に落とすために、途中読者をひきつけてひきつけて、というには限界があるからだ。

だけどこの短編は、どれも人間にスポットが当たっている。
その人間に、名前がないということにまず不自然さを感じる。
不気味さとつかみどころのなさ、そしてうさん臭さに読者をひきつけておいて、いっそう怪しさを持たす技はすごい。
東野氏の引き出しの多さに完敗だ。

Amazon>>>怪しい人びと (光文社文庫)
Yahoo!>>>怪しい人びと


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
Copyright © ほんまもんの本 All Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます